TOP

私の熱中症対策

熱中症という言葉を良く聞くようになったのはここ10年くらいのことではないでしょうか。私が子供の頃は熱中症なんて言葉は聞いた覚えが無いし、炎天下の下でも水を飲まずに部活動とかやっていた記憶があります。

それまでは熱中症がどういったものなのかも全く知らなかったのですが、ちょうど10年くらい前、母親が朝起きたら足に力が入らなくなって、立ち上がることが出来なくなったことがあったんです。7月か8月頃だと思いますが、真っ先に頭に浮かんだのが脳梗塞とか脳腫瘍とかだったので、すぐに救急車を呼んだんです。
病院で治療を受けている間、このまま一生寝たきりになったらどうしよう…と心配していたのですが、結果は熱中症ということで、しばらく点滴をしたあと帰ることが出来ました。
その頃は今のように水分をしっかり取る、という意識が無かったこともあり、家族が熱中症になって見て初めてその重要性がわかったという感じでした。また、部屋の中だったし、そんなに寝苦しい夜というわけでも無かった気がするので、部屋の中にしても熱中症になるんだ…と思った記憶があります。

そんなことがあって以来、母親も私も水分をしっかり取るということを意識するようになりましたし、暑い時の不要な外出を控えるようにしたり、夜寝る時もエアコンを弱くかけて寝るようにしたりと、熱中症対策をいろいろやるようにしています。

ただの水だとたくさん飲むのは大変だし、そうかと言って炭酸飲料やジュースはカロリーや糖分が気になります。スポーツドリンクも体に良さそうなイメージがありますが、スポーツドリンクの中には糖分やカロリーが多いものもありますよね。なので、今はとあるドラッグストアで見つけた低カロリー・低糖質のスポーツドリンクを飲むようにしています。1リットルの水に粉を溶かすタイプで、多少手間はかかりますが、カロリーや糖質がとにかく低いのでたくさん飲んでもあまり気になりません。冷やして飲むとけっこうおいしいこともあり、最近ではそればかり飲んでいます。ただ、多少なりとも糖分は入っており、歯を磨いた後に飲んで寝てしまうと、口の中が甘い感じになり虫歯なども心配なので、寝る前や夜中に起きた時に飲む場合は、必ずミネラルウォーターにするようにしています。

また最近気になり始めたのが運動不足です。普段運動をしない人は汗をかく習慣が無いことから熱中症になりやすいということを知り、全く運動というものをしていない私はこのままじゃいけないと思うようになりました。とりあえずいきなりジムとかに通うのもハードルが高いので、出来るだけ車を使わずに歩くようにしたり、家の中でも出来るストレッチをやるなどして熱中症対策につなげたいと思っています。

.

最終更新日:2016-07-10 08:27

コメント (0)